案件情報関連

案件明細を使ってみよう

複数の社員で1つの案件・商談を対応する場合、それぞれが案件を立てると案件情報が乱立してしまいわかりにくくなります。
案件登録時に案件明細機能を使うことで、1つの案件をそれぞれの社員の売上に分ける事が出来ます。
また、1つの案件に複数の製品やサービスが含まれている場合にも有効です。

詳細マニュアルはこちら

◆事前準備
1.[システム管理]-[案件設定]-[案件機能設定]-[項目設定タブ]の順にクリックします。
2.[編集]をクリックし、案件明細の有効にチェックを入れ[設定]をクリックします。
3.次に[案件明細機能設定]をクリックします。
4.[項目設定]タブをクリックすると、現在の案件明細の項目が表示されます。
[編集]をクリックします。
5.項目名を変更や単位の設定、また項目の有効や必須などの設定をする事が出来ます。
※受注金額や仕入金額、粗利金額の欄は自動計算を設定することが出来ます。
例:受注金額-仕入金額から粗利金額を出す場合
${受注金額}-${仕入金額}
6.それぞれ設定後、[設定]をクリックします。

◆登録
案件明細は案件の新規登録、または編集にて登録します。

1.左側のメニューから[案件情報]をクリックすると、案件-一覧が表示されます。
2.[+新規]をクリックすると、案件-登録が表示されます。
案件名や顧客など必要な項目を入力、選択します。
3.案件明細の[+追加]または[+複数]をクリックします。
[+追加]をクリックすると、明細を1件登録することが出来ます。
[+複数]をクリックすると、登録する明細の行数を指定することが出来ます

◆検索
案件-案件明細タブにて、明細毎に検索をする事が出来ます。

1.案件情報メニューの[案件明細]タブをクリックすると、案件明細-一覧が表示されます。
2.条件右横の をクリックすると、条件選択が表示されます。
条件として追加したいものにチェックを入れ をクリックすると、条件が追加されます。
3.追加された条件に値を設定して をクリックします。

画面を使っての詳しい説明はこちらをご覧ください。